転職は慎重に

軽い気持ちで転職することはあまりないと思いますが、本当に転職してよいかは十分考えましょう。
今の仕事で置かれている状況を改善したくて転職したのに、転職先で、現状より状況がさらに悪くなることはないとは言えません。
転職先がよく知っている相手の場合はさほど問題はないでしょうは、そうでないならば、できるだけ転職先についての情報を集めましょう。
知っている相手であっても、報酬面、福利厚生面など仕事内容以外の面で「それはちょっと」などどいうこともありえます。そうした自分にとってよくない情報を知った時点ではもう断りにくいなどどいうことにならないよう十分に注意しましょう。
転職先でも状況が悪く再度転職することになるとまた転職ということになります。
採用する側からみると「転職回数が多い」「すぐにやめている」という情報は非常に印象が悪く、問題がある人物だと判断され、面接にすら至ることができないようになってしまいます。

転職を考える時は慎重に、十分慎重にしましょう。