人脈を使って仕事をみつける

仕事を探すには求人サイトが大定番だと思います。まったく知らない会社へいってみたいならこうしたところを使うでしょう。
名の知れている超大手ではなく中小の知らない会社だとサイトに掲載されている情報と実態がどれほど違うのか、それとも違わないのか、知らない会社の場合はよくわかりません。面接に至っても、実際に一緒に仕事する人ということでない場合もあり、仕事仲間、仕事場の状況も知りようがない場合が多いです。

したがって、やはり確実なのは、十分によく知っている人、会社のところへ転職するということになります。このためにはいい知り合いがいないとどうしようもないので、いい人脈を作っていることが前提となります。
人脈を作るといっても毎日社内でごく限られた仕事仲間との仕事だと、仕事場で仕事の人脈を広げていくのは難しいかもしれません。セミナーなどの交流がある場に出てみることや、SNSを使って交流を広げておくのもいいかもしれません。

IT系の中小のソフトハウスの場合、実際の仕事場は、大手SIerなどの下請けの現場で、そこで知り合う人も多いと思います。そうした場合は、日々の仕事の中で十分信頼されるといい人脈ができていくと思います。このケースでは、元の会社が与えて仕事の仕事先に転職すると問題になることがありますので、それはそれで注意しましょう。