人脈を使って仕事をみつける

仕事を探すには求人サイトが大定番だと思います。まったく知らない会社へいってみたいならこうしたところを使うでしょう。
名の知れている超大手ではなく中小の知らない会社だとサイトに掲載されている情報と実態がどれほど違うのか、それとも違わないのか、知らない会社の場合はよくわかりません。面接に至っても、実際に一緒に仕事する人ということでない場合もあり、仕事仲間、仕事場の状況も知りようがない場合が多いです。

したがって、やはり確実なのは、十分によく知っている人、会社のところへ転職するということになります。このためにはいい知り合いがいないとどうしようもないので、いい人脈を作っていることが前提となります。
人脈を作るといっても毎日社内でごく限られた仕事仲間との仕事だと、仕事場で仕事の人脈を広げていくのは難しいかもしれません。セミナーなどの交流がある場に出てみることや、SNSを使って交流を広げておくのもいいかもしれません。

IT系の中小のソフトハウスの場合、実際の仕事場は、大手SIerなどの下請けの現場で、そこで知り合う人も多いと思います。そうした場合は、日々の仕事の中で十分信頼されるといい人脈ができていくと思います。このケースでは、元の会社が与えて仕事の仕事先に転職すると問題になることがありますので、それはそれで注意しましょう。

 

 

 

転職は慎重に

軽い気持ちで転職することはあまりないと思いますが、本当に転職してよいかは十分考えましょう。
今の仕事で置かれている状況を改善したくて転職したのに、転職先で、現状より状況がさらに悪くなることはないとは言えません。
転職先がよく知っている相手の場合はさほど問題はないでしょうは、そうでないならば、できるだけ転職先についての情報を集めましょう。
知っている相手であっても、報酬面、福利厚生面など仕事内容以外の面で「それはちょっと」などどいうこともありえます。そうした自分にとってよくない情報を知った時点ではもう断りにくいなどどいうことにならないよう十分に注意しましょう。
転職先でも状況が悪く再度転職することになるとまた転職ということになります。
採用する側からみると「転職回数が多い」「すぐにやめている」という情報は非常に印象が悪く、問題がある人物だと判断され、面接にすら至ることができないようになってしまいます。

転職を考える時は慎重に、十分慎重にしましょう。